MENU
nano.
ネイリスト歴15年以上。ネイルスクール講師として、初心者〜プロネイリストに向けてネイルを教えてきた私が、セルフジェルネイルの情報を発信しています。
プロネイリストがおすすめするジェルネイルキットはこちら

自分でジェルネイルをオフする方法【時短でセルフオフするコツ】

初心者さん

ジェルネイルを自分でオフしたいけど、どうやってやるんだろう…
自分でやると時間もかかりそうだし…?

nano.

自分でジェルネイルをオフするのは、ネイルサロンでやってもらうよりも時間も手間もかかりますが、やり方さえ分かれば自宅でセルフオフすることができますよ!
時短でオフできるコツもお伝えします♪

この記事はこんな方におすすめ
  • ジェルネイルを自分でオフする方法が知りたい
  • ジェルネイルのオフに必要な道具が知りたい 
  • 時短でジェルオフする方法が知りたい

この記事を書いた人

nano.
  • セルフジェルネイル.COM運営
  • ネイリスト歴15年以上のプロネイリスト
  • ネイルスクール講師として初心者〜プロネイリストを目指す方まで幅広く指導した経験をもとに、分かりやすく解説

ジェルネイルを自分でオフする基本のやり方を解説します!

  • ジェルネイルをオフするのに必要な道具がわかる
  • ジェルネイルオフの手順がわかる
  • 時短でオフするコツがわかる
目次

ジェルネイルオフに必要な道具

ジェルネイルの種類には、ソフトジェル(ソークオフジェルとも言う)とハードジェルがあります。
ソフトジェルは、アセトンやジェルリムーバーなどの溶剤で溶けるタイプのジェルです。
ハードジェルは、溶剤で溶けないタイプのジェルなので、すべてファイルで削ってオフする必要があります。
ハードジェルをオフするのはハッキリ言って大変です!なので、ジェルを塗る際は、ソフトジェルタイプを選ぶことをおすすめします!
ここでは、ソフトジェルをオフする方法を解説していきます。

ジェルネイルオフの道具
  • コットン(爪の大きさよりひとまわり大きくカットしたもの)
  • アルミホイル(10cm四方くらいにカットしたもの)
  • ファイル150G
  • スポンジファイル220/280G
  • エメリーボード
  • メタルプッシャーまたはウッドスティック
  • ダストブラシ
  • アセトンまたはジェルリムーバー
  • キューティクルオイル

自分でジェルネイルをオフする手順

STEP

ジェルネイルをオフしていきます

ファイル150Gでジェルの表面を削ります

カラージェルがほとんどなくなるくらいまで削ります。
削りすぎて自爪を削ってしまわないよう、注意してくださいね。

削り終わったら、ダストブラシでダストを払います。

コットンにアセトンをつけて爪の上にのせます

アセトンは揮発性・引火性が高く、火気厳禁です。
火の気のない場所で換気をしながら作業しましょう。
アセトンを保管する際は、火気の近くに置かないようにしましょう。
アセトンがプラスチック製品につくと溶けてしまったり、曇ってしまうことがありますので、飛び散ったり漏れたりしないように気を付けましょう。

アルミホイルで巻きます

アセトンは揮発性が高いので、アルミホイルはすき間が開かないようにきっちりと指に巻き付けましょう。
10分~15分くらいそのまま時間をおきます。

ジェルネイルオフ

溶けたジェルをウッドスティックまたはメタルプッシャーで取り除きます

1本ずつアルミホイルを取って、ふやけたジェルをウッドスティックで取り除きます。
メタルプッシャーのほうがウッドスティックよりも面積が広い分、ジェルを取り除きやすくておすすめです。
全部溶けていない場合は、溶けたジェルのみを取り除き、残りのジェルは無理にはがさずもう一度ファイルで削り、再度アセトンコットンをアルミホイルで巻き付けて溶かします。

無理にジェルをはがしてしまうと、爪の表面が一緒にはがれ、爪が薄くなる原因になります
爪が薄くなると、次にジェルネイルをつけた際にジェルの持ちが悪くなりますし、爪が折れやすくなりますので、無理にはがさず気を付けてオフしましょう。

STEP

爪の表面を整えます

ジェルが少し残っていて爪の表面がガサガサしてるので、スポンジファイルで爪の表面を整えます。
削りすぎると爪が薄くなるので、軽く整える程度にしましょう。

STEP

爪の長さと形を整えます

爪が伸びていれば、エメリーボードで爪の長さと形を整えます。
爪がかなり伸びている場合は、爪切りでカットしてからエメリーボードで削って整えましょう。

STEP

キューティクルオイルで保湿します

ジェルオフした後は、アセトンで皮膚がとても乾燥しています。
しっかりと保湿をしておきましょう。

キューティクルオイル

時短でジェルオフするコツ

初めにジェル表面を削るとき、カラージェルがほぼなくなる位まで削っておく。
特に爪の先端側と両サイド部分をしっかり削っておくと、早くオフできます。

コットンにアセトンをたっぷり染み込ませる。
アセトンの量が少ないとすぐに揮発してしまいます。ひたひたに染み込ませましょう。

アルミホイルを隙間なくきっちり巻き付ける。
隙間があると作業している間にアルミホイルがはずれてきて、アセトンが揮発してしまいます。

アルミホイルを巻いたら、手を温める。
温度が高いほうがジェルが早く溶けます。使い捨てのビニール手袋を上からはめたり、タオルで手を包むなどすると温まって溶けやすくなり、時短になります。
※アセトンは火気厳禁です。ストーブの近くで温めたりしないように!

その他、ジェルを塗る際に剥がせるジェルネイルを塗っておく
という裏技もあります!

ピールオフジェルというもので、爪の中心部分にのみ、このジェルを塗っておくことでペリッと剥がしてオフができます。
爪のキワまでしっかりと覆ってしまうと本当にすぐに取れてしまうので、中心部分のみに塗るのがポイントです!
週末だけジェルをしたい方にもおすすめです。

nano.

最初は削る作業が大変だと思いますが、頑張ってたくさん削っておくとジェルが早く溶けて、結果、時短になりますよ!

セルフジェルネイル初心者さんにおすすめのジェルネイルキット

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
トップへ
目次
閉じる